薬剤師のど真ん中 –クリアランス理論に基づいた薬剤師による本質的な薬物治療マネジメントとは?– (講演要旨下書き)

印象悪いかな。。。

 

降圧薬Aを飲んでいた患者さんの血圧が低いです。最近、降圧薬でない他の薬剤Bが追加されました。Bの添付文書を見たら降圧薬Aの代謝を阻害するため、薬剤Aの降圧作用を増強させる可能性があるため併用注意となっていました。「◯◯先生、相互作用により血圧が低下したと思います」あるいは「◯◯先生、相互作用により血圧が低下した可能性が否定できません」 薬剤師らしい仕事でしょうか? そもそも本当でしょうか? 薬剤Bの併用により薬剤Aの血中濃度はどの程度上昇し、その上昇の程度は降圧効果にどの程度影響を与えるか考察したのでしょうか? そのデータがない場合に、その程度をある程度定量的に評価したうえでの情報提供だったでしょうか? 薬剤師のど真ん中である薬学という学問は、本来、効果やリスクを定量的に評価するための学問です。単に添付文書に書いてあることを伝えるのは中学生でも可能です。起こり得る可能性を定性的に説明するたけであれば高校生でも可能です。薬剤師の本質的なあるべき能力は添付文書に書いてあることが妥当かどうか定量的に考察できる、目の前の患者にその情報を適用可能か定量的に考察できる、患者個別に適した薬物治療マネジメントを定量的に考えて提案できる。それが薬剤師の本来のど真ん中の仕事ではないでしょうか?AIが注目されています。添付文書やガイドラインに書いてあることをただ伝えるだけの仕事はもう既にAIが可能です。腎機能が悪い患者への投与量の情報も伝えるだけなら有用な本を医師や看護師が持っていればいいだけだし、その情報提供であればAIで代替可能です。

 薬剤師なんだから、「薬剤Aと薬剤Bの併用では、相互作用試験のデータはないですが、薬剤Aのクリアランスにおける代謝酵素XXの寄与の程度と、薬剤Bの代謝酵素XXへの阻害の強さからは、薬物Aの血中濃度は◯◯倍程度上昇する可能性が考えられ、降圧作用がかなり強くなると思われますので、薬物Aを1/△程度まで減量したうえで、今後も血圧を慎重にモニターした方がいいと思います」って言える薬剤師になりたくないですか? 「患者のeGFRはこれくらいですが、これくらいの体格なので実際のGFRはこれくらいで、この薬剤Cの腎排泄の寄与は□%なので、具体的な推奨用量は添付文書に書いていませんが、◯倍位に血中濃度が上昇することが考えられ、この薬剤Cは過量になると中枢性の副作用が起こやすくなり危ないので、△mg位に減量するのが妥当だと思います」って考えて言える薬剤師になりたくないですか?このような考え方が出来てこそ薬剤師として薬物治療に本質的に貢献できます。このような理論的な考え方や情報提供は本当に役立ちますし、そうでなければなりません。薬剤師なんですから。この薬物動態学的な考え方の根本がクリアランス理論の理解です。簡単ではないです。プロとしての薬剤師の武器なんですから。でも凄い難しいわけでもないです。それを少しでもわかりやすく、聴講者全員が理解できるように伝えたいと思います。もし、わからなくても、わかるまで復習すれば良いだけです。皆さまはプロなんですから。