40歳からの理想と現実とアル中

僕は何がしたいのだろう。どうしたら良いのだろう。家族のために、社会のために、そして自分自身のために。今がそれなりに幸せで満足である。いや、それなりにでなくて、かなり幸せで満足している、仕事の内容以外は。仕事の内容だけは、時にとんでもなくツライことがある。本当に何もかも投げ出して逃げ出したくなるくらいツライことがある。なぜツライかというと、やるべき仕事が自分のキャパを超えているのと、自分の力や努力でどうなるものではない問題があるからである。40を過ぎて自分の限界が見えてきて、40を過ぎて気持ちや気合いも衰えてきて、社会の問題点や限界や負の現実ばかりが見えてくる。それを乗り越えるためには、きっと学力的にも人間的にももっともっと向上しなければ次のステップに行けず、火事場のくそ力も出せなくなってきて、理想のレベルにまで今から向上するのはどう考えても無理だと自覚してきて、ついつい守りの道を選び、それでもちょっぴり無理な理想は持っている。もう職場には夢を語り合える同世代もいなく、愚痴を聞いてくれる先輩もいない。そして、まだ上司に甘えて今を生きている、そんなツライ時期ですね。40過ぎのオッサンの自分には。

そいうことで、20代も、30代も、40代も、相変わらずネガティブ思考とポジティブ思考の狭間で生きており、お酒がやめられないアル中なのである(笑)。このままじゃ本当にヤバいな。次のステップに行かなくては。

ということで、何としても楽しむぞ、人生後半戦。コノヤロー。でも、肩の力は抜いて、やっぱり自分らしく自然にいこう。と相変わらずとことんウザい文章で終える。